ロゴ

各種検診Cancer Screening

胃がん検診

日本は、国際的に見ても胃がんの患者数が非常に多く、また、がんの中でも死亡原因の上位になっています。罹患率、死亡率ともに、40歳以上から増加しはじめ、男女別では女性より男性の方が高くなる傾向にあります。

胃がんは、早期に発見することができれば、ほぼ治癒が可能な病気です。また、比較的苦痛の少ない内視鏡治療も、早期であれば可能です。早期発見のためには、定期的に検診を受けるようにしましょう。

おなかを抑える中年男性

胃がんの原因

胃炎などの炎症により、胃粘膜が腸上皮化生という粘膜に置き換わることで、その粘膜ががん化しやすくなると言われています。つまり、慢性胃炎を起こす要因は、胃がんの原因といえます。

例:食生活(塩分の多い食事) ・ 喫煙 ・ ストレス ・ ピロリ菌

注意したい症状

胃潰瘍の症状(胃の痛み、出血、不快感など) ・ 食事が通らない ・ 胃が重い ・ 体重が減る ・ 貧血による動機や息切れ

予防

ビタミンCやカロチノイド類を多く含む野菜や果物を多く食べる、大豆食品を積極的に食べるなどが有効だと考えられています。

早期発見のために

胃がんは、かなり進行していてもまったく症状がない場合も多く見られます。また、いつ発生するか予測もできません。早期発見のためには、定期的に胃がん検診を受けることが有効です。

男女ともに40歳以上の方は、毎年1回受けるようにしましょう。

 

胃がん検診について

写真:レントゲン検査機器

胃X線検査(レントゲン検査)

バリウム(造影剤)と発泡剤(胃を膨らませる薬)を飲み、レントゲンで胃の中の粘膜を観察する検査です。バリウムは苦手、という方は少なくありませんが、胃がんの早期発見には有効な検査ですので、毎年受診されることをお勧めします。

写真:胃カメラ

内視鏡検査

当院では内視鏡検査を苦痛の少ない鼻から行っておりますが、希望される方は口からも行うことができます。内視鏡検査は、胃X線検査と比べて、組織検査ができるのが大きな利点です。胃がんかどうかは、組織検査で診断されます。検査に時間と費用がかかりますが、胃炎など心配な症状がある方、また、胃X線検査で要精密検査と判定された方にはお薦めしたい検査です。

特に注意したい方

以下に当てはまる方は、胃がんになりやすいタイプかもしれません。定期検診を積極的に受けてください。

  • 40歳以上の方
  • 高塩分の食事が多い方
  • 野菜や果物の摂取が少ない方
  • ピロリ菌に感染している方
  • 家族に胃がんにかかった人がいる方
トップへ