ロゴ

各種検診Cancer Screening

乳がん検診

生涯のうちに乳がんになる女性の割合は10人に1人と言われており、乳がんは、女性がかかるがんの第1位です。

また、乳がんで亡くなる方も年間で14,000人にものぼり、女性におけるがんの死亡原因の5位になっています。

しかし、乳がんは早期に発見し、治療を行えばこわくない病気です。早期発見のためには、触診だけでなく、マンモグラフィを使用した乳がん検診を、定期的に受けることが大切です。

さくらの中を歩く女性

早期発見のために

乳がんには、食欲がなくなる、体調が悪くなる、という初期症状はほとんどありません。そのため、早期に発見するためには、定期的な自己検診(セルフチェック)、マンモグラフィによる検診は必要不可欠です。

30以上の方

月1回、自己検診(セルフチェック)を行いましょう。

自己検診を定期的に行うことで、ご自身の身体の変化に気づくことができます。

40以上の方

定期的にマンモグラフィなどの画像検査を受けましょう。

マンモグラフィは、触診では診断できない小さなしこり等の発見にも効果的です。

セルフチェック

毎月1回、定期的に行うことで、ご自分の乳房の変化に気づくことができます。

生理が終わった後の4~5日間が適した期間です。閉経された方は、毎月、日を決めて行いましょう。

  • 乳房にしこりはないか?
  • 乳房にひきつれ、くぼみはないか?
  • 乳頭から分泌物はでていないか?
  • 乳頭が陥没したり、ただれや変形はないか?
  • わきの下にしこり(リンパ腺の腫れ)はないか?
胸に手を当てる女性
 

乳がん検診について

写真:マンモグラフィ

マンモグラフィ

毎月1回、定期的に行うことで、ご自分の乳房の変化に気づくことができます。

生理が終わった後の4~5日間が適した期間です。閉経された方は、毎月、日を決めて行いましょう。

写真:超音波検診機器

超音波検診

日本人は40代でも乳腺が発達している人が多く、マンモグラフィでは乳がんが見つけにくい例もあります。

超音波検査との併用で発見率が上がります。

特に注意したい方

以下に当てはまる方は、乳がんになりやすいタイプかもしれません。定期検診を積極的に受けてください。

  • 40歳以上の方
  • 出産をしていない方、または、高齢出産の方
  • 授乳経験がない方、または、授乳期間が短い方
  • 初潮が早く、閉経が遅い方
  • 肥満の方(閉経後)
  • 血縁者に乳がんになった人がいる方
  • 良性の乳腺疾患になったことがある方
  • 乳がんになったことがある方
トップへ