大腸がん検診
大腸がん検診
ホーム > 大腸がん検診

大腸がん検診を受けましょう

大腸がんは、胃がんに次いで2番目に多いがんです。日本では、食生活が欧米化していく中で、患者数・死亡数ともに増えており、今後も増加していくと予想されています。

大腸がんは、早期発見により、ほぼ治癒が可能な病気です。早期では症状に気づきにくい、また手術後に再発しやすいがんであるため、定期的に検診を受けることが大切です。

大腸がんとは

大腸にできるがん(悪性腫瘍)
発生部位の頻度は、直腸、S状結腸、上行結腸、横行結腸、盲腸、下行結腸の順で多く、中でも、直腸とS状結腸を合わせると全体の7割を超えます。

原因

環境よる原因の可能性が高く、動物性脂肪やタンパク質の摂り過ぎ、つまり食生活の欧米化が原因と考えられています。一方、わずかですが、遺伝的訴因もあり、注意する項目としては、大腸ポリープの経験、親族に大腸がんにかかった方がいる、治りにくい痔瘻など様々な因子が考えられます。

症状

大腸がんの症状は、発生部位、程度、大きさなどにより異なります。

直腸・S状結腸がんの場合・・・血便の頻度が高く、痛みがないという特徴があります。
  • 4血便(暗赤色の血液が便に混じる、黒い血塊など)
  • 便が細くなる
  • 残便感
  • 腹痛
  • 下痢と便秘の繰り返し
上行結腸がんの場合・・・血便は少なく、貧血症状が出やすい特徴があります。
  • 貧血症状
  • 腹痛や腹鳴
  • 腹部膨満感
  • 痛みを伴うしこり

早期発見のためには

大腸がんは、外科治療が非常に有効で、早期発見することで完治する可能性が高くなります。また、多少の転移が見られても、手術可能な時期に発見できれば、外科療法により完治が望める場合もあります。早い段階で、がんを見つけるためには、定期的に検診を受けることが大切です。

大腸がん検診について

検査方法としては、大腸内視鏡検査などがあります。内視鏡を使うことで、比較的簡単に大腸ポリープを発見することができます。ポリープは、すべてががんになるわけではありませんが、ポリープが見つかった場合は、適切な処置を受けることが大切です。

特に注意したい方

以下に当てはまる方は、大腸がんになりやすいタイプかもしれません。定期検診を積極的に受けてください。

  • 油っこい料理が好きな方
  • 野菜をあまり食べない方
  • 生活が不規則な方
  • 外食が多い方
  • 便秘がちな方